コンサルタントコラム

>コンサルタントコラム>経営者は孤独と言うけれど・・・

経営者は孤独と言うけれど・・・

こんにちは。船井総合研究所 オートビジネス支援部藤木 晋丈です。
只今私達の開催する勉強会で無料お試し参加受付中です。

コンサルタントとして働き始めて、この4月で11年目を迎えようとしています
そうすると、一番長いクライアントとは7~8年お付き合いをさせていただいています

そうなると、会社の規模も、10名程度だった企業もいまでは100名を超えています
売上げも10倍になっているクライアントも少なくありません

そんな企業を毎月第三者としてサポートしていると

会社の規模によって、社長の役割も変わってくることも
見てきました

よく経営者は孤独と言われるけれど・・・

最近、それを感じる時が多々ある

でもそれは、ただ単に

相談相手がいない
愚痴を社員にこぼせない
怖がられて、気を遣われ続ける

などということではない

もちろん、そういったところにも、孤独を感じることもあるけれど

一番は

「社員のことを想って取り組んでいることが伝わらなくなってくる」

これが一番辛い

藤木のお付き合いさせていただいている社長は
お世辞、ひいき目抜きに、社員さんのことを真剣に考えている

会社の規模が大きくなれば、

給与や役職があげたり
その他にも、色々な角度で
社員満足度の向上のための取り組みを増やしている

けど、それでも

社長の本音は新人から順番に伝わらない

だから、

大量離職
幹部の離脱
不正

など、思わぬ事態に直面することがある

こういった時に、一番孤独を感じる

こういった状態を解消するのは正直難しいけれど

少なくとも、社長に近いポジションの人は

社長のよき理解者にならなければならないし
社長のよき通訳者にならなければならない

規模の成長、社長の成長、幹部の成長、社員の成長

これを繰り返して会社は大きくなっていく

幹部・リーダーの皆さん、最近、社長の本音聞いていますか?

藤木も経営コンサルタントとして
もっともっと、社長の本音を聞きたいと思います

藤木晋丈主宰の勉強会
「広告を出しても応募がない・・」
「募集してくれたのは有難いけれど、求める人材じゃない・・」
「なんでうちにはいい人材が来ないのだろう・・」
「いったいどのような求人広告を出せばいいのだろう・・」

 >>コンサルタント 藤木晋丈 プロフィールへ
 >>コンサルタントコラム 藤木晋丈 一覧へ
 >>コンサルタントコラム 一覧へ

このコラムを書いたコンサルタント

藤木 晋丈 (ふじき しんじょう)

船井総合研究所入社後、活躍のフィールドを自身の夢でもある「人財」のテーマに定め プロジェクト&コンサルティング支援を行ってきた。 その中でも自身の経験や支援先での経験を活かした新卒・中途採用活動支援、内定者研修、新人研修などでは、累計5000人以上の人財採用と、 1万人以上の育成を手掛け成果を挙げてきた。 最近では、自身のコンサルタントとしての経験を活かし、50億、100億円企業に向けた 組織作り…