コンサルタントコラム

>コンサルタントコラム>繁忙期販売台数昨年対比244%!ローカル店舗の業績アップ手法

繁忙期販売台数昨年対比244%!ローカル店舗の業績アップ手法

コラムテーマ:業績アップ

みなさまいつもお世話になっております。
船井総合研究所 モビリティ支援部の文野陽太です。

来る10月29日㈭に開催いたしますWEBセミナーのご案内として、今回より5回にわたり、全国の中古車販売店様の成功事例をご紹介させていただきます。

セミナー詳細はこちら↓
https://www.funaisoken.co.jp/seminar/064956

今回のメルマガでは、
「繁忙期販売台数昨年対比244%!ローカル店舗の業績アップ手法」についてお伝えします。
最後までぜひご覧ください!

———————————
「繁忙期販売台数昨年対比244%!ローカル店舗の業績アップ手法」

今回のメルマガで取り上げさせていただくA社様は2020年1月~3月にかけての成約台数が昨年対比244%を超えており、船井総合研究所モビリティビジネス経営研究会会員の皆様の中でも今年トップクラスの販売台数アップを達成されております。

年間販売台数700台の達成も目前に迫っており、まさに今年を飛躍の年にされた代表企業様と言えるでしょう。

直近の実績につきましても7月度は集客数昨年対比222%、成約台数昨年対比186%となっておりコロナ禍にも関わらず昨年対比で実績を大きく伸ばされています。

人口6万人未満の市に位置するこちらの会社様が、なぜそのような台数アップを実現されたのか?
今回はその秘密に迫ります。

 

ポイント①:敷地を拡張し、在庫台数増加
A社様は現在在庫として軽自動車を約130台保有されています。
一方で1年前の在庫台数は70台程度でした。

A社様はまず、在庫台数の拡充に投資することでローカル都市における一番化を図られました。
大手中古車販売店も出店しづらいローカルな都市で、軽中古車の在庫規模で真っ先に一番化したことが2020年を飛躍の年にする一番のポイントだったのです。

 

ポイント②:低予算層ターゲットに徹底した商品構成
A社様はポイント①でお伝えした通り、まず在庫台数を倍増させる戦略を採られましたが、一方で取り扱う在庫の価格幅を広げることはなくむしろ50万円予算層向けに内容を更に絞り込まれています。

在庫台数の最も多かった2020年の繁忙期(1月~3月)においても、総在庫における車両本体価格39.8万円以下の車両比率は約60%であり、低価格軽中古車専門店としての立ち位置を確固たるものとされています。

 

ポイント③:紙媒体に頼らず集客アップ!WEB販促強化の取り組み
A社様のメイン来場媒体はポータルサイトであり、総来場の約40%をポータルサイトが占めています。
ポータルサイトにおいては県内での掲載順位に特にこだわり、WEB限定の低額プラン掲載・ポータルサイトオプション掲載などの実施により自社の位置する県内にて高い掲載順位を獲得されています。

また自社HPを用いた販促も8月から本格的に開始されており、大きく実績を伸ばした2020年以降においても、まだまだ伸び代を残されていらっしゃいます。

最後に、冒頭でもお伝えしました通り船井総研ではコロナ禍においても実績を伸ばされている
中古車販売店様の事例を基に、10月にWEBセミナーを開催いたします。
来年以降の中古車販売事業における戦略づくりにご活用いただけますと幸いです。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【セミナー名】:中古車販売で年間1億粗利を達成する手法大公開セミナー
【日時】:2020年10月29日(木)
【場所】:WEBセミナー(PCがあればどこでも受講可能です!)
【講師】:船井総合研究所 モビリティ支援部 シニアコンサルタント 服部 憲
船井総合研究所 モビリティ支援部 チーフコンサルタント 文野 陽太
詳細・お申込みはこちら:https://www.funaisoken.co.jp/seminar/064956
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

~中古車販売で年間1億粗利を達成する手法大公開セミナー~

このような経営者様におすすめです!
・中古車販売事業を強化していきたい経営者様
・自社がより伸びるための具体的な方法を知りたい経営者様
・これからの戦略を見直したい経営者様
・今業績を伸ばしている中古車店の取り組みを知りたい経営者様
・WEB販促を強化して集客アップを実現したい経営者様

みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

このコラムを書いたコンサルタント

文野 陽太 (ぶんの ようた)

大学卒業後、船井総合研究所入社。 新築業界のWEBマーケティング部門で経験を積み、 モビリティ支援部に配属。 モビリティ支援部において、特に中古車販売店向けの WEBマーケティング支援をおこなっている。