コンサルタントコラム

>コンサルタントコラム>11回目:入社3か月で有力スタッフを育てる秘密(メカニック編)“不景気にすぐ効く特効薬!今すぐできる整備部門 成功事例レポート37連発”

11回目:入社3か月で有力スタッフを育てる秘密(メカニック編)“不景気にすぐ効く特効薬!今すぐできる整備部門 成功事例レポート37連発”

コラムテーマ:業績アップ

いつも弊社のブログをお読み頂きありがとうございます。
モビリティ支援部 淵上幸憲(フチガミユキノリ)と申します。

今回は入社3か月で有力スタッフを育てる秘密(メカニック編)をお伝えいたします。
全国的に整備士の人数が少なくなっている中、より自社で整備士を育てる仕組みがあるかどうかが重要となってきます。
そこで今回は整備士育成のポイントについて2つほど紹介したいと思います。

 

〇【技術力UP】整備のタイムアタックを実施 ※動画マニュアルを作成する

新人メカニックの技術力を高めるためにはベテランスタッフの作業一連動画マニュアルが重要になります。
多くの会社様ではどのように作業を行うかの勉強会は実施しておりますが、それだけだと作業イメージが出来ないため早期育成は難しくなってきます。

多くの場合はエンジンオイル交換・車検・12ヶ月点検の動画をとり全体で共有しております。
また月1回の頻度で全員でモデル動画を見て討論する場を設けて何をするのが一番効率的なのかを決めることも重要です。

こういった場を設けることにより必然的に整備技術に対して討論することが出来るためスキルアップに繋がります。
ぜひ実施してみてください。

 

〇【提案力UP】キラートーク集を作成

特に整備士がお客様と接客をして追加整備を提案している会社様では追加整備品目のトーク集を用意し、そのトークの読み合わせを実施することが重要になります。
ここのトークに関しては週1回の頻度でそれぞれの獲得率を算出し、メンバーの中で一番獲得率が高い方がトークを文字化します。

そのトークを朝礼時に読み合わせを行い、スキルアップを図ります。結果として店舗全体の追加整備の獲得率が高まるため収益性もアップしますし、トーク力も身につくため育成にもつながります。
ぜひ実施してみてください。

 

今回は入社3か月で有力スタッフを育てる秘密(メカニック編)お伝えしました。
ポイントとしては整備のタイムアタックを実施して動画マニュアルを作成することとまた追加整備のキラートーク集を用意することです。

シンプルな取り組みですが、運用するのに労力がかかる取り組みです。
ぜひ根気よく行い、即戦力社員を育てていきましょう!

7月27日(月)、28日(火)に車検リピート率75%セミナーを開催します!
車検の入庫は増えているがまた車検に来てくれる方が少ない会社様必見です!
車検5,000台以上をこなしていても車検リピート率75%を達成できている会社様は存在します。

このセミナーではすぐにできる具体的な事例をもとに紹介致しますので、
ぜひご参加ください!

【こちらより車検セミナーの申し込みが出来ます】
https://www.funaisoken.co.jp/seminar/062424

 

次回は、7月24日(金)に“お客様を満足させる店づくりのポイント”を配信したいと思います。
また今回の内容にてもっと詳しく知りたい方はぜひ淵上までご連絡ください。
本レポートを参考にしてぜひ業績を上げていきましょう!

このコラムを書いたコンサルタント

淵上 幸憲 (ふちがみ のりゆき)

大学卒業後、船井総合研究所入社。 モビリティ支援部において、中古車販売店併設型の 車検工場向け業績アップ支援や単価アップ支援を行い、 さらには、中古車販売店の業績アップ支援も行っている。 講演活動にも力を注いでおり、 全国各地で開催しているセミナーの講師も行っている。 特に整備業の業績アップを得意としており、 戦略策定から現場に施策を落とし込むところまでサポートをしている。