コンサルタントコラム

>コンサルタントコラム>7回目:一般整備の台当たり粗利を500円アップさせるポイント “不景気にすぐ効く特効薬!今すぐできる整備部門 成功事例レポート37連発”

7回目:一般整備の台当たり粗利を500円アップさせるポイント “不景気にすぐ効く特効薬!今すぐできる整備部門 成功事例レポート37連発”

コラムテーマ:業績アップ

いつも弊社のブログをお読み頂きありがとうございます。
モビリティ支援部 淵上幸憲(フチガミユキノリ)と申します。

さて今回は一般整備の台当たり粗利アップ手法についてお伝えいたします。
4月、5月は緊急事態宣言の影響で一般整備件数が前年よりも減少した会社様も多かったかと思いますが、そのタイミングでお客様が望んでいる商品を提案し台当たり粗利及び顧客満足度もアップさせている会社様もございました。

ポイントとしては季節商品をよりお手頃価格で提供することが大事なので今回はどんな商品を提案しているかをお伝えいたします。

 

〇入出庫時間が30分以内のお客様への提案について
こちらのお客様に提案する場合は提案するタイミングと施工時間がポイントとなります。
まず提案するタイミングですがPOPを活用して受付の最後に提案をします。

そのPOPには実施するメリットと特別価格または利用されたお客様の数までを明記するのが良いです。
例えばエンジンオイル交換ですが、平均受付時間は3分なので品目提案に関しては1分以内でお客様にポイントを伝えることが重要になります。

提案する品目についてはエンジンオイル添加剤やヘッドライトコーティングまたはフロントガラス撥水コートがお勧めです。
どれも施工時間は15分以内なので受付時に獲得できれば30分以内に作業を終わらせることが出来ます。

目安価格ですがエンジンオイル展開剤は2,980円(税別)、ヘッドライトコーティングは両目で3,980円(税別)、フロントガラス撥水コートは1,980円(税別)です。
30分以内のお客様へ提案する商品については5,000円以内の料金設定にすることをオススメします。

きちんと提案が出来ている会社様では各商品は提案件数に対して15%程度の獲得が出来ております。
ぜひチャレンジしてみてください。

 

〇預かりのお客様への提案について
預かりのお客様への提案商品としては前後ドラレコやLEDライトまたは誤発進抑制装置を販売している会社様が多いです。
お客様から求められる商品ではありかつ粗利は獲得できるが時間がかかる商品を提案しています。

料金設定として前後ドラレコは39,800円(税別)、LEDライトは両目39,800円(税別)、誤発進抑制装置39,800円(税別)が良くある価格です。
また誤発進抑制装置についてはサポカー補助金の対象で2万円の補助が付いているためお客様から頂く金額は19,800円になります。

特にLEDライトについては通常ライトと比べて明るさを見てもらえる実機を作り、そのツールを活用して提案をしております。
金額としては一般整備客に対しては高めなので獲得率は3%~5%程度ですが、1件あたりの粗利は大きい商品なのでぜひ実施してみてください。

 

今回は一般整備の台当たり粗利アップのポイントについてお伝えしました。
特に車検台数が多くなるにつれてエンジンオイル交換のお客様が多くなってきますので、こういったお客様への対応が会社として求められてきます。
ただ利益が取れる商品を押し売りするのではなく旬な商品でかつお客様から求められているものをより分かりやすく伝えられる仕組みが重要になると思いますのでぜひ実施してみてください。

また車検アカデミーに参加していただいている会員様もついに50名を超えました!
皆様圧倒的地域一番店の方々ばかりなので情報交換会も毎回充実しております。
お試し参加は無料でご招待させていただきますので、
ぜひ一度ご参加ください!

 

【こちらより車検アカデミーの申し込みが出来ます】
https://kuruma-biz.funaisoken.co.jp/study_group/car_inspection/

 

次回は、6月26日(金)にデジタルツールを活用した業務効率化を配信したいと思います。
また今回の内容にてもっと詳しく知りたい方はぜひ淵上までご連絡ください。
本レポートを参考にしてぜひ業績を上げていきましょう!

このコラムを書いたコンサルタント

淵上 幸憲 (ふちがみ のりゆき)

大学卒業後、船井総合研究所入社。 オートビジネス支援部において、中古車販売店併設型の 車検工場向け業績アップ支援や単価アップ支援を行い、 さらには、中古車販売店の業績アップ支援も行っている。 講演活動にも力を注いでおり、 全国各地で開催しているセミナーの講師も行っている。 特に整備業の業績アップを得意としており、 戦略策定から現場に施策を落とし込むところまでサポートをしている。