コンサルタントコラム

>コンサルタントコラム>【緊急開催決定!】法人マンスリーカー研究会の開催をお知らせします!

【緊急開催決定!】法人マンスリーカー研究会の開催をお知らせします!

コラムテーマ:業績アップ

いつもメルマガをご愛読していただきありがとうございます。

本日は6月29日(月)に開催予定の「モビリティビジネス経営研究会 法人マンスリーカー研究会」の発足についてご案内させていただきます。

 

研究会バナー

 

今、新しい生活様式として各法人も新たな企業活動を模索しています。
自動車も例外ではなく、法人が所有していた社用車も時流に合わせた新たな「使い方」への対応が求められています。
自動車販売店の新型コロナウイルス状況下における出口戦略として、個人中心の営業活動から伸びている法人市場内で新しい収益柱として、法人開拓事業への参入にチャレンジしてみませんか。

本研究会は、新型コロナウイルスの感染拡大を考慮し、初回は「オンライン動画研究会」として開催させていただきます。
インターネット環境下でパソコンをご準備いただければ、場所を問わずご視聴いただくことが可能でございます。

▼▼▼お試し参加のお申込みはこちら!▼▼▼
https://www.funaisoken.co.jp/form/study?contact_number=061041

 

【本研究会は以下のような企業様のための企画です】
◆将来を考えると既存事業の業績に不安を感じる
◆これから先10年間、戦える業態をつくりたい
◆新業態に挑戦したいが、資金が限られている
◆法人レンタカーのビジネスモデルが知りたい
◆自動車業界の法人市場の動向を確認したい
◆法人部門の立上げの方法を知りたい方

【当日予定している講座内容】
<第1講座>
自動車業界の法人市場に攻めていく必要性
自動車業界の法人市場についてどこを伸ばすべきなのかについて解説

株式会社船井総合研究所 モビリティ支援部 川島洋平

ゲスト

<第2講座>
【ゲスト講座】法人レンタカーで年間粗利1.5億円超えの事業展開
法人レンタカーに特化したビジネスモデルの実施方法を解説

株式会社ディープレスト 代表取締役 中川賢一様

<情報交換会>
Web上にて参加者様同士で情報交換を行っていただきます。
※新研究会の初回につき、他の研究会より短めの情報交換会とさせて頂きます。

<第3講座>
法人事業部門の立上げ方法
自動車販売店における法人事業部門の立上げステップを公開

株式会社船井総合研究所 モビリティ支援部 マネージング・ディレクター 渡邊 功一

【開催日程・場所】
2020年6月29日(月)@オンライン開催
※ご来場による開催はございません
※インターネットがつながる環境であれば参加OK!どこからでもご参加いただけます。

【開催時間】
13:00~16:30(12:30~ログイン可能)

【参加費用】
初回無料お試し参加でご招待
※1社2名まで

【オンライン研究会の参加方法(ZOOM)について】
「ZOOM(ズーム)」という
ビデオ・Web会議ツールを使用して、
ご参加いただく皆様をオンライン上でお繋ぎいたします。

お申し込みをいただいたお客様に対しては、
担当者から順次、電話・メール等により、
当日の視聴方法等についてご案内をさせていただきます。

詳細を知りたい方やご質問のある方は、お気軽にご連絡ください。

当日、皆様とお会いできることを心より楽しみにしております。

▼▼▼お試し参加のお申込み方法はこちら!▼▼▼
https://www.funaisoken.co.jp/form/study?contact_number=061041

 

◆お申込みに関するお問い合わせ: 山本(ヤマモト)070-2278-3950
◆内容に関するお問い合わせ: 川島(カワシマ)070-2273-9304

~コロナウイルス感染防止のため在宅勤務中~
携帯電話へのご連絡をお願いいたします。
不在の場合は下記へお願いいたします
TEL.03-6212-2931 (平日9:30~17:30)
FAX.03-6212-2204(24時間対応)

【無料経営相談はこちらから!】
https://kuruma-biz.funaisoken.co.jp/free_consultation/

【その他成功事例多数公開中!経営者なら一度は見る価値ありです】
https://kuruma-biz.funaisoken.co.jp/

このコラムを書いたコンサルタント

川島 洋平 (かわしま ようへい)

新卒から13年間、メーカー系自動車リース会社に従事し、 主に多くの自動車を保有する法人の開拓・シェアアップ・ ソリューション提案を行う。 2019年10月に船井総研入社後、自動車販売業界のBtoBを 専門とする研究会の準備を行ってきた