コンサルタントコラム

>コンサルタントコラム>なんか、チラシが当たらないな~と思ったら…

なんか、チラシが当たらないな~と思ったら…

こんにちは。船井総合研究所 オートビジネス支援部立原 崇雅です。
只今私達の開催する勉強会で無料お試し参加受付中です。

いつもお世話になっております。

船井総研立原でございます。

初売商戦がひと段落し、ここから勢いを落とさず

伸ばしきった会社様が1月を制します。

繁忙期は、即効性のある折込チラシが効果てき面。

今回は、折込チラシのチェックリストで総チェックしてみてください

□専門店のデカキャッチ

□「タイトル」に大義名分がある(決算、周年祭、初売など)

□キャンペーン期間が設定されている

□魅力的な目玉車が掲載されている(定価の△10万程度)

□目玉車プライスのデカキャッチ

□年式・走行距離が明確に分かる

□修復暦なしが明確に分かる

□スタッフの笑顔写真が掲載されている

□季節性のある背景・色・デザインが掲載されている 例)門松、花火など

□広域地図、詳細地図を掲載されている

□地図に近隣まで来た際に目印になる建物、お店、看板が掲載されている

□成約プレゼントが掲載されている

□総在庫数と車が展示されている様子が分かる写真が掲載されている

□チラシのスペースがなく、詰まっている

□プライスごとに「均一」が強調されている

□前回のチラシと同じ車両が30%以下になっている

□下限と上限との平均価格が100万円以下である

□車両の色が偏っていない

□安さの理由が掲載されている

□キッズコーナーが掲載されている

□WEBサイトの検索方法、QRコードが掲載されている

□自社の強みが掲載されている

□ローン利用を促進する記載がある

□(整備工場がある場合)工場の記載がある

□車両の写真の画質にこだわる。向きを揃える

□車両の写真の写りこみを考え、撮影する場所をこだわる

□お客様の声を随時反映させる

□小回りのきく印刷会社、広告代理店と付き合う

□販促エリア別に効果検証をする

□折込比率(新聞発行部数/世帯数)が60%以上である

立原 崇雅がお勧めする
失敗しない新店・新工場オープン・リニューアルオープンの秘訣とは?
2008年、我々がお手伝いした約50件のオープン、
リニューアルが100%成功した理由を知りたくありませんか?

新店・新工場・リニューアルコンサルティング
は、こちらからご覧いただけます。

 >>コンサルタント 立原崇雅 プロフィールへ
 >>コンサルタントコラム 立原崇雅 一覧へ
 >>コンサルタントコラム 一覧へ