コンサルタントコラム

>コンサルタントコラム>軽月々払い専門店のマイカーリース好調事例~専門店の店作り~

軽月々払い専門店のマイカーリース好調事例~専門店の店作り~

オートビジネス支援部の菊池正寛です。

船井総合研究所オートビジネス支援部の石川進太郎です。
今回は「軽月々払い専門店のマイカーリース好調事例~専門店の店作り~」についてお伝えいたします。

軽月々払い専門店とは、軽自動車の新車に特化したマイカーリース専門店の業態です。
オートビジネス経営研究会 軽月々払い専門店会では、全国約150社の会員企業様にご参加いただいています。
会員企業の中には、全国トップクラスのリース契約実績を出す会社も出てきました。

関東エリア、九州エリアにて、リース販売専門店に、リニューアルした結果、新規集客が倍増した事例がありましたので、専門店化のポイントを、一部ご紹介いたします。

1.外観のポイント
・取扱商品が一目でわかる大型看板
・折込チラシやTVCMと連動した色使いの看板
・エア看板の設置
・大量ののぼり設置

2.展示のポイント
・展示車はすべて新車の軽自動車にすることで、商品を絞り込み、清潔感を訴求
・道路面に人気車種、派手な車種を展示する。車輌はTVCMで放送されている車体カラーが望ましい
・大きなプライスボードを設置し、「月々1万円」を大きく表記する

3.店内作りのポイント
・店内(商談中)の様子がよく見えるガラス張りのショールーム
・明るい色使いの店内
・家族連れの商談に最適な円形の商談テーブル

以上、3つのポイントに沿って、専門店化することで、リース販売店で新規客の集客に成功しました。参考にしていただけましたら幸いです。

 

このコラムを書いたコンサルタント

渡邊 功一 (わたなべ こういち)

船井総合研究所オート支援部において、自動車メーカー・販売ディーラー・レンタカー事業の経営コンサルティングを行っている。専業店の即時業績アップから、自動車関連企業向けの商品開発など幅広くサポートを行っている。