コンサルタントコラム

>コンサルタントコラム>HPで月間71台販売。総販売台数121%UP

HPで月間71台販売。総販売台数121%UP

びっくり事例がまた出ました!

先日セミナー講師をお願いした大阪の会社様が
3月HP経由の販売台数が”71台”となりました

さらに、

〇総販売台数は、121%アップ(前年比)
〇総集客数は、110%アップと上積みとなりました

明らかに、販促の潮目の変わったと言える事例です

また、札幌の会社様も
たった1週間にWEBの販促費を集中した結果
平日に5~8台の販売につながり、結果昨対比の販売台数越えとなりました

つまり、これらの事例は、
集客のデジタルを象徴する事例です

この2社の共通点は、毎月安定的にオンライン広告を約100万単位でかけていることです
それも、1店舗(単店)レベルにです

WEB集客が上手くいかない会社は、4パターンあります

①流入が足りない
・そもそも、WEBはトライアルとして少額(30万)のままである
・WEBの費用対効果を計ってない。計る体制が整ってない

②サイトの回遊度が弱い
・販売専用のサイトではない
・サイトが作って終わりになっており、3ヵ月以上サイトレイアウト変更してない

③問い合わせ理由が無い
・WEB目玉車をやってない
・車両掲載が少ない。安定してアップロードが出来てない

④来店のフォローが弱い
・WEB専任者がいない
営業や店長が片手間でしている

急速なデジタルシフトは、知らないうちにじりじり近づいています

特に、集客のデジタルシフトは、ただ外注に任せるだけではスピードが上がりません
経営者の心境から言えば、「よくわからないから任せておこう」では
会社の血肉にならないのが現実です。

集客は、小売店にとって生命線です
ぜひ、この事例を機に会社の集客のデジタルシフトを急ぐことをススメします

このコラムを書いたコンサルタント

立原 崇雅 (たてはら まさたか)

船井総研オートビジネス支援部で 中古車販売店に特化して、 事実に基づいた提案から、最短で販売台数を伸ばすことを得意としており、 3年で年商5倍、販売台数10倍、利益3倍など異常値を作り出す。 最近は、自動車業界向けのデジタルシフトの一環として、WEBマーケティング支援を展開。 業界のデジタル推進役 次世代が誇れる自動車業界に向けて、業界で輝く企業づくりを目指している ご支援先から グレートカンパニ…