コンサルタントコラム

>コンサルタントコラム>小さな組織運営にも社長の覚悟が必要

小さな組織運営にも社長の覚悟が必要

こんにちは。船井総合研究所 オートビジネス支援部服部 憲です。
只今私達の開催する勉強会で無料お試し参加受付中です。

経営していく上で、「小さな組織運営にも社長の覚悟が必要」です。

私も人事評価、部門長育成、組織活性化のテーマでお手伝いすることがありますが、
その際にやはり大事なことは、小手先の部分よりも社長が覚悟するかどうかです。

この間、お伺いした企業では10人以上の組織になったことで、経営陣で新たなストレスが増えたと仰っていました。

・社員の働く時間が平等か
・社員の働き、能力と賃金バランスが平等か
・部門長が社員に発する言葉は適切か
・社長が社員に平等な接し方が出来ているか

たかだか、正社員10~15人の組織でもこのような問題は大小に関わらず発生してきます。
この問題も、実は大きな問題に発展しやすく、発展した時はほとんど社員側は「賃金」という手段で、表面化させてきます。

実は社長もそのような小さな問題や不安には気付いていても、
「うちはまだ小さな会社だから」と後回しにしていることが多いです。

こういう小さいと思っていた問題を30人、50人の規模になるまで放置して後悔してほしくはありません。

小さな会社で舵取りに負荷がかからないうちに安全な組織の土台を作り上げて頂きたいと思います。
面倒なことほど早め早めに解決しておくことが重要です。

10人組織を超えた会社でも、「企業を少しでも成長させ続ける」と決めている会社様は、
投資や事業だけでなく、ぜひこれからの組織運営に向けた覚悟もしてはいかがでしょうか。

服部 憲がお勧めする

会社の規模に応じた、将来を見据えた、
あなたの会社オリジナルの給与・評価制度を構築します。
新しい給与・評価のしくみで、社員のヤル気をアップさせ、
また経営の健全化を図りませんか。

評価・給与制度構築
は、こちらからご覧いただけます。

 

 >>コンサルタント 服部憲 プロフィールへ
 >>コンサルタントコラム 服部憲 一覧へ
 >>コンサルタントコラム 一覧へ

このコラムを書いたコンサルタント

服部 憲 (はっとり けん)

船井総合研究所入社後、モビリティ支援部において、自動車メーカー・自動車正規ディーラーをはじめ、 中古車販売業、自動車整備業の業績アップのお手伝いをしている。既存事業の業績向上を始め、事業戦略・新規ビジネスの支援、評価制度・組織活性化の支援まで実施している。衰退業界において「即時業績アップ」を信条に、販売・整備・鈑金・組織活性化・財務・M&A等幅広い分野での具体的な提案に各経営者から好評を得ている。