コンサルタントコラム

>コンサルタントコラム>リハーサルの大切さ

リハーサルの大切さ

オリンピックの東京開催が決まり、
消費税増税が(ほぼ)確定とビッグニュースが続いていますね。

これに限らず、ここ数年で大きな変化があることを感じていらっしゃる方も多いと思います。

また、将来へ不安感がある方もまずは、
自分の力で変えられること(力相応)に絞って改善していきましょう。

さて、今年に入り保険のニーズが高まっていることもあり
私自身、自動車販売時の保険獲得率を上げる取り組みを行なっております。
一緒に取り組みをさせていただいている年間2000台以上販売するある企業では、
年間22%であった保険獲得率が50%を超えるようになりました。

保険の獲得方法にはポイントあります。
そして、そのやり方をいま研究会などでお話していますが
同じ内容を聞いて、同じ方法を取り入れても、すぐにあがる会社、そうでない会社がでてきます。

上がらない方の特徴は共通しています。

表面的に真似をするだけで本質を理解せず、
また取り組むための練習も大して行なわないと微妙な差で実績は上がりません。

同じ食材なのに味付けや火加減などを少し間違えるとおいしくない料理が出来上がるのと一緒です。
つまり、リハーサルを軽視するところはなかなか上手くいきません。
そして、基本的なトークができていないのに高度な難しいロープレをされる方もいらっしゃいますがあまりお勧めできません。

しっかりと、基本的なトークをマスターし
保険であれば40%を常時超えるようになれば、高度なロープレも必要ですがそこまでは基本の徹底で十分です。

“リハーサル"
今回の東京オリンピックを開催誘致する際のプレゼンでも相当量の練習(リハーサル)をされたのをご存知の方も多いことでしょう。
繁忙月をむかえる前のいま、リハーサルを徹底的に行ないましょう。

渡邊 功一がお勧めする

営業マンが
あと一台ずつ売ってくれたら・・
社長のその望みを叶えます

営業力アッププログラム
は、こちらからご覧いただけます。

 

 >>コンサルタント 渡邊功一 プロフィールへ
 >>コンサルタントコラム 渡邊功一 一覧へ
 >>コンサルタントコラム 一覧へ

このコラムを書いたコンサルタント

渡邊 功一 (わたなべ こういち)

船井総合研究所モビリティ支援部において、自動車メーカー・販売ディーラー・レンタカー事業の経営コンサルティングを行っている。専業店の即時業績アップから、自動車関連企業向けの商品開発など幅広くサポートを行っている。