コンサルタントコラム

>コンサルタントコラム>車検台数アップのポイント

車検台数アップのポイント

販売を大きく伸ばせるのは消費税前のあと1年間ということを意識し、
最近は将来の整備部門をいかに強化させるかというお話をさせていただくことが多くあります。
では、車検を伸ばすにはなにをしたらよいのでしょうか?

実際に車検3,000台を突破された企業の例で考えてみたいと思います。
タイミングによって大きなポイントがありました。

(1)ひとつめは車検台数1000台超えから2000台に向けての取組み
→車検FC加盟で大きく伸ばされました

(2)車検台数2000台超えから3,000台に向けての取組み
→販売部門強化で年間500台販売体制を構築(川上を押さえ車検アップ)

(3)車検台数3000台超えから5,000台に向けての取組み
→店長育成(車検の入庫率アップとお客様満足度アップ、スタッフの統率)
→販売部門を拡張し1,000台販売体制の構築。

車検を増やすために自社で何をするべきなのか。
自社のタイミングにあわせて考えて見ましょう。

渡邊 功一がお勧めする

営業マンが
あと一台ずつ売ってくれたら・・
社長のその望みを叶えます

営業力アッププログラム
は、こちらからご覧いただけます。

 

 >>コンサルタント 渡邊功一 プロフィールへ
 >>コンサルタントコラム 渡邊功一 一覧へ
 >>コンサルタントコラム 一覧へ

このコラムを書いたコンサルタント

渡邊 功一 (わたなべ こういち)

船井総合研究所オート支援部において、自動車メーカー・販売ディーラー・レンタカー事業の経営コンサルティングを行っている。専業店の即時業績アップから、自動車関連企業向けの商品開発など幅広くサポートを行っている。