コンサルタントコラム

>コンサルタントコラム>集客が落ちているときにすべきこと

集客が落ちているときにすべきこと

オートビジネス支援部渡邊です。
最近、お店によって集客の好調、不調の差がでやすくなっています。

集客が落ちると、色々と新しい商品を増やそうとされるお店もありますが
残念ながら成果に結びつかないことが多いのです。

集客が落ちているときに行うべきことは、商品力の強化は必要なのですが
これはいま扱っている商品属性で圧倒的に一番魅力的な状況を作れるかが重要なのです。
売上を上げるには優先順位があり、この順番を間違えると成果に繋がりづらくなります。

(売上を上げる優先順位)
1、シェアアップ
 ・いま扱っている商品の属性で商品力を磨き続ける
 ・仕入にこだわる、商品化にこだわる

2、商圏を広げる
 ・広告宣伝の強化
 ・広告宣伝の媒体の見直し

3、(新しい)商品群を付加する
 ・現在扱っている商品属性で地域№1になったら商品を付加
 ・商品群が異なる場合は、同一店舗では実施せずに専門店として出店する
 (万屋にならないように注意する)

渡邊 功一が主催する勉強会
保険部門を強化し
ストック型のビジネスモデルへと転換させる!!
「オートビジネス自動車保険アカデミー」は、こちらからご覧いただけます。

 >>コンサルタント 渡邊功一 プロフィールへ
 >>コンサルタントコラム 渡邊功一 一覧へ
 >>コンサルタントコラム 一覧へ

このコラムを書いたコンサルタント

渡邊 功一 (わたなべ こういち)

船井総合研究所オート支援部において、自動車メーカー・販売ディーラー・レンタカー事業の経営コンサルティングを行っている。専業店の即時業績アップから、自動車関連企業向けの商品開発など幅広くサポートを行っている。