コンサルタントコラム

>コンサルタントコラム>会社を好きになる人財育成! part3

会社を好きになる人財育成! part3

こんにちは。船井総合研究所 オートビジネス支援部の小平勝也です。
只今私達の開催する勉強会で無料お試し参加受付中です。

会社を好きになるためには、その会社のことを良く知ろう!

そのために、会議やミーティングも会社と方針を理解しよう!
というのが、前回のお話でした。

さて、会社好きのお話の第2弾です。

会員の中に、社員食堂を作っている会社があります。

メーカーや銀行などの大手企業なら分かりますが、
社員数40名程度の店舗に、社員食堂です。

コスト高だと言ってしまえばそれまでですが、
この社員食堂が、圧倒的な会社好きを作っています。

皆さんは、自社のメカニックや営業スタッフが
毎日何を食べているかご存知でしょうか。

整備工場の休憩室を除くと、嘆きたくなります。

カップラーメンの山です。

聞けば、毎日お弁当とカップラーメンという社員が80%です。

また、繁忙期は、昼食を食べられない社員が、かなりの数に上る会社もあるでしょう。

夕食が夜の22時とか23時というのも、ざらにあるのではないでしょうか。

社員食堂をコストと思うなら、社員の健康そして安定雇用は、
金銭に換えると数百万円に相当すると考えることもできます。

ある会社では、店舗によって社員食堂のある店舗とない店舗とが混在していますが、
業績や忙しさに関わらず、社員食堂のある店舗が圧倒的に人気です。

ご家族にアンケートをとったら、給与が1万円~2万円上がるよりも、
社員食堂があることの方がうれしいという答えが出たこともあります。

家族が喜ぶことほど、社員が会社好きになる瞬間はありません。

ある会社では、社員食堂を作ってから、
若いスタッフがみな、太りだしたという話も出ましたが、
とにかく仲良く同じものを食べている姿は、非常に好ましいものです。

上席コンサルタント 小平勝也

「年商10~100億円の元気な地域一番店は、今、何をやっているのでしょうか・・?」
小平勝也が主催する勉強会
「オートビジネス経営研究会 本会」は、こちらからご覧いただけます。

 

>>コンサルタントコラム 一覧へ