コンサルタントコラム

>コンサルタントコラム>「仕組み化、マニュアル化、脱属人化でマイカーリース専門店も人時生産性アップ」

「仕組み化、マニュアル化、脱属人化でマイカーリース専門店も人時生産性アップ」

こんにちは。船井総合研究所 オートビジネス支援部菊池正寛です。
只今私達の開催する勉強会で無料お試し参加受付中です。

今回は「仕組み化、マニュアル化、脱属人化でマイカーリース専門店も人時生産性アップ」についてお伝えします。

今年に入り「生産性アップ」のため施策が、多くの会社で取り組まれるようになりました。

人時生産性を高めることは、会社の収益を高め、強い会社作りにつながります。
また働く社員にとってもよいことが多いです。
例えば、残業時間の削減や休日日数の増加、有給休暇の取得率アップなど、待遇の改善につながる施策が取りやすくなります。

それでは人時生産性を高めるためにはどうすればよいでしょうか?
答えは、「今よりも利益を高める」か「今よりも業務時間を短時間化する」か、またはそのどちらも実現することです。

ひとつの方法として「仕組み化、マニュアル化、脱属人化」を意識して取り組んでみてください。

私が担当するマイカーリース販売に特化した勉強会「軽月々払い専門店会」では下記のマニュアルやツールを作っています。

  • ・短期間で営業マン育成する営業マニュアル
  • ・マイカーリースの商談を短時間化する商談ツール
  • ・マイカーリース専用保険の獲得率を高める商談ツール
  • ・車種をグレードアップして台当たり粗利を高める商談ツール
  • ・オプション付帯率を高め、台当たり粗利を高める提案ツール
  • ・仕組み化のための納車式マニュアル
  • ・リース車両のメンテナンスの入庫時に付帯商品を提案するツール
  • ・電話問い合わせを来店につなげるTELトークマニュアル

 など。他にも多くのマニュアルやツールを必要に応じて作り活用しています。

「今よりも利益を高める」、「今よりも業務時間を短時間化する」、
またはそのどちらも実現するために、「仕組み化とマニュアル化」を意識してみてください。
そうすることで、新人や営業未経験者のスタッフが、ベテラン営業マン以上の利益を上げられたり、今と同じスタッフ数で業務時間を短時間化できたりします。

人時生産性アップのためのヒントになれば幸いです。

オートビジネス支援部 菊池正寛

菊池正寛が主催する勉強会
全国200社以上が集まるマイカーリース販売業績アップ勉強会!
「オートビジネス経営研究会 軽月々払い専門会」
こちらからご覧いただけます。

 >>コンサルタント 菊池正寛 プロフィールへ
 >>コンサルタントコラム 菊池正寛 一覧へ
 >>コンサルタントコラム 一覧へ

このコラムを書いたコンサルタント

渡邊 功一 (わたなべ こういち)

船井総合研究所オート支援部において、自動車メーカー・販売ディーラー・レンタカー事業の経営コンサルティングを行っている。専業店の即時業績アップから、自動車関連企業向けの商品開発など幅広くサポートを行っている。