コンサルタントコラム

>コンサルタントコラム>面談の重要性

面談の重要性

今回は、「面談の重要性」についてご紹介いたします。

会員企業様から、最近「評価シートが定着しないんだけど・・・」
「上司を上手に評価できないんだけど・・・」
「社員が相変わらずモチベーションが上がらないんだけど・・・」
など聞かれることが多くあります。

社員教育・役職者教育や評価シートの定着のためには、
面談の仕組み化が必須です。

実際に給与に反映される評価・査定・面談をするのは、
年1~2回ですが、それ以外でも年間3~6回は
途中評価や面談を実施して頂くのが大事です。

面談の種類は、

1.目標設定面談
2.日常管理・意見のキャッチアップ面談
3.目標進捗確認(フィードバック)
4.スキル・モチベーションアップ面談
5.給与査定報告面談

などが考えられますが、評価シートを上手に活用しながら、
社員の状況把握や役職者の指導のためにも
各担当者が面談を定期的に実施して頂くと効果が現れてきます。
そのためには、それぞれの面談の目的や何のテーマなのかをしっかりと明確にしておくことが重要です。

そして部下にとって、面談が生み出す効果とは、

・普段言えないことを言ったり、確認できたりする
・お互いの信頼関係が深まる
・フィードバックを受けることで現状から軌道修正ができる
・問題を整理したり、優先順位を決めたりできる
・話すことで自分の考えがまとまり、仕事に対する責任感が増す
・話を聞いてもらうことで、共通の目標に向かいがんばろうという気持ちになる
・目標を設定することでスキルを向上させることができる
・最終的に給与や賞与に反映されることでモチベーションも上がる

店長や部門長などがプレイングマネージャーとなっている場合が、
自動車販売店・整備専業店には多くありますが、
役職者教育のためにも社員定着化・早期戦力化のために、
頻度と密度を意識して上手に面談を活用して頂きたいと思います。

服部 憲がお勧めする

会社の規模に応じた、将来を見据えた、
あなたの会社オリジナルの給与・評価制度を構築します。
新しい給与・評価のしくみで、社員のヤル気をアップさせ、
また経営の健全化を図りませんか。

評価・給与制度構築
は、こちらからご覧いただけます。

 

 >>コンサルタント 服部憲 プロフィールへ
 >>コンサルタントコラム 服部憲 一覧へ
 >>コンサルタントコラム 一覧へ

このコラムを書いたコンサルタント

服部 憲 (はっとり けん)

船井総合研究所入社後、モビリティ支援部において、自動車メーカー・自動車正規ディーラーをはじめ、 中古車販売業、自動車整備業の業績アップのお手伝いをしている。既存事業の業績向上を始め、事業戦略・新規ビジネスの支援、評価制度・組織活性化の支援まで実施している。衰退業界において「即時業績アップ」を信条に、販売・整備・鈑金・組織活性化・財務・M&A等幅広い分野での具体的な提案に各経営者から好評を得ている。