コンサルタントコラム

>コンサルタントコラム>「マイカーリース専門店で時流適応」

「マイカーリース専門店で時流適応」

こんにちは。船井総合研究所 オートビジネス支援部菊池正寛です。
只今私達の開催する勉強会で無料お試し参加受付中です。

今回は「マイカーリース専門店で時流適応」についてお伝えします。

全国の個人リース車の保有台数は平成28年に166,526台となり、前年比で108.9%と伸びていることが統計資料からわかりました(一般社団法人日本自動車リース協会連合会統計資料より)。
これは、5年前の平成23年の保有台数と比較すると約1.5倍です。今後も個人リースの保有台数は増えると予測できます。

マイカーリース事業は、拡大する市場の中、多くの企業が本格的に取り組む時流のビジネスになりつつあります。このような時期に“一歩先を行く”事業展開で、マイカーリース市場で業績アップを目指してください。

主催するオートビジネス経営研究会軽月々払い専門店会では、「マイカーリース専門店」での事業展開をご提案しています。

すでにお手伝いしているお店の中で、全国に数十店舗の専門店ができています。
そして多くのお店で、この1~2月の実績が、前年比1.3倍以上と好業績を上げています。過去最高記録を出すお店も少なくありません。

マイカーリース専門店の特徴として、総成約数の80%以上がリース成約になっていることが言えます。
一方、マイカーリースを取り扱っているが、専門店ではないお店は、マイカーリースの取り扱いが、総成約数の30%以下となっているようです。
専門店化することで、マイカーリースでの成約比率が高まるだけでなく、仕組み化により業績アップの効率が高まりますので、ぜひ「専門店化」に取り組んでみてください。

専門店の店作りやスタッフ対応としては、下記を参考にしてみてください。
・ポールサインや店舗看板でマイカーリース商品に絞ってアピールする
・マイカーリース商談のための展示車や専用ツールを用意すること
・マイカーリースの専門知識を持つ専用スタッフが対応すること
・マイカーリース特有の疑問点や注意点、知っておくべきことをお客様に伝えられる体制を作ること

地域で一番のマイカーリース販売を目指していくのであれば、片手間で行うのではなく、専門店化し一般のお客様にとって、最も選びやすいお店になることが大事です。時流に乗りながら、スピード感を持って業績アップにつなげていただければと幸いです。

オートビジネス支援部 菊池正寛

菊池正寛が主催する勉強会
全国150社以上が集まるマイカーリース販売業績アップ勉強会!
「オートビジネス経営研究会 軽月々払い専門会」
こちらからご覧いただけます。

>>コンサルタントコラム 一覧へ

このコラムを書いたコンサルタント

渡邊 功一 (わたなべ こういち)

船井総合研究所オート支援部において、自動車メーカー・販売ディーラー・レンタカー事業の経営コンサルティングを行っている。専業店の即時業績アップから、自動車関連企業向けの商品開発など幅広くサポートを行っている。