コンサルタントコラム

>コンサルタントコラム>ハローワーク採用

ハローワーク採用

こんにちは。船井総合研究所 オートビジネス支援部の隅屋 彰則です。
只今私達の開催する勉強会で無料お試し参加受付中です。

今回は「ハローワーク採用」についてお伝えします。

早速ですが、皆さんハローワークを活用しておりますでしょうか。
ヒアリングでお伺いすると、窓口に提出してそれっきりという企業様が多いように思われます。
結果の出ない企業様ほど、一度出して放置という状態も珍しくありません。

しかしながら、ハローワークは出すだけでは終わりじゃありません。
実は出してからが肝心なのです。

ということで、今回は反響が無い時にこそ、是非実践して欲しいハローワークの活用法についてお伝えしたいと思います。

是非、以下の2点を実施してみてください。

(1)競合調査

まず、自社の求人が客観的にどう見えるのか、競合他社と比較してみましょう。
ここで特に見て頂きたい点は、仕事内容と給与の2つです。
この2つが、求職者が1番気にするところで特に重要な部分です。

仕事内容は他社と比べて分かりやすく、仕事の魅力を伝えられるものになっているか。
給与は、最低給与は他社と比較して少なくても平均以上の位置に入っているか。
モデル年や昇給例を記載し、入社後の生活をイメージできるものになっているか、などを確認することが必要です。

くるまの販売同様に他社の求人を分析して、他社との差別化を考えた上で原稿作成を行いましょう。

(2)取り下げ&新規提出
次に、行っていただきたい点が取り下げ&新規提出になります。
ハローワークは月初をはじめ、毎日多くの求人が提出されます。

実はハローワークは、新着の求人ほど上位表示される仕組みになっております。
1度出してそのまま放置した状態では、埋もれてしまい、発見されにくくなってしまいます。

期間が少なくても2ヶ月間空いた際は、一度取り下げを行って、新規提出をしてください。
これだけで求人が上位表示されます。

以上、2点を行っていただくだけでも、採用の確率が高まります。

手間をかけ続けることが、採用成功への近道です。

隅屋彰則が講師を務める勉強会
「広告を出しても応募がない・・」
「募集してくれたのは有難いけれど、求める人材じゃない・・」
「なんでうちにはいい人材が来ないのだろう・・」
「いったいどのような求人広告を出せばいいのだろう・・」

 

>>コンサルタントコラム 一覧へ