コンサルタントコラム

>コンサルタントコラム>くるま屋さんが行うインターンシップ

くるま屋さんが行うインターンシップ

こんにちは。船井総合研究所 オートビジネス支援部遠藤祐太です。
只今私達の開催する勉強会で無料お試し参加受付中です。

今回は「くるま屋さんが行うインターンシップ」についてお伝えします。

ご存知の方も多いと思いますが、2016年卒業生の採用活動開始時期は3月からとなっています。

では、どこの企業もこの時期に何もしていなのか?

そんなことは全くありません。大手企業だけではなく、中小企業も“インターンシップ”という名目の下、実質上の採用活動を行っている企業がたくさんあります。

その為、「今期は3月からだから~」などと、のんびり構えていては、出足から遅れてしまいます。

そこで、今回は「くるま屋さんで行うと良いインターンシップ」についてお伝えしたいと思います。

(1)職場体験型インターンシップ

実際の商談に同席させたり、整備のオイル交換を行ったり、洗車を行ったりなど、
他にも“くるま屋さん”の日常業務に触れてもらうパターンです。

目的は、実際の業務を体験して自社や自動車業界の理解を深めてもらい、自社への志望度を上げることです。

(2)講義型インターンシップ

こちらは、社長や経営者クラスもしくは外部の講師などを招いて、
就職活動に役立つ話などをする講義型のインターンシップです。

いきなり、“くるま屋さん”という所から入ると学生の志望が少ないことが多いので、
まずはハードルを下げて、少しでも学生との接点を持つために有効です。

(3)グループワーク型インターンシップ

グループワークなどを通して、新しい商品・サービスなどの企画立案をするなど、
何かしらの成果を出してもらうパターンです。

ワークを通して学生自身がビジネススキルを得ることもできる。

繁忙期である“くるま屋さん”にとって自社の人員が少なくて済むメリットがあります。

以上、3つのパターンが“くるま屋さん”に合ったインターンシップです。

皆様が良い人財に出会える機会に恵まれることを願っています。

遠藤 祐太がお勧めする

「よい人財が採れない・・」
「新卒が入社1ヶ月で車をバリバリ売っている・・」
「あの企業、いったい何をしているのだろう・・?」

新卒採用・育成コンサルティングは、こちらからご覧いただけます。

 

 >>コンサルタント 遠藤祐太 プロフィールへ
 >>コンサルタントコラム 遠藤祐太 一覧へ
 >>コンサルタントコラム 一覧へ

このコラムを書いたコンサルタント

遠藤 祐太 (えんどう ゆうた)